田家秀樹

1946年、千葉県船橋市生まれ。中央大法学部政治学科卒。
1969年、タウン誌のはしりとなった

「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに、

「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て

音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、

音楽番組パーソリナリテイとして活躍中。

 

NACK5「J-POP TALKIN’」(土曜22時〜22時30分)

BAYFM「MIND OF MUSIC・今だから音楽」(日曜午前9時半~11時半)

FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」(月曜21時~22時)パーソナリテイー。
「毎日新聞」「B-PASS」「ワッツイン」などでレギュラー執筆中。

日本放送作家協会会員。


著書に、

「夢の絆/GLAY2001ー2002ドキュメント」

「夢の地平/GLAYノンフィクション・ツアー・ストーリー」

「オン・ザ・ロード・アゲイン/ 浜田省吾ツアーの241日」

「陽のあたる場所/浜田省吾ストーリー」

「豊かなる日々/吉田拓郎・奇跡の復活」

吉田拓郎・終わりなき日々」

ラブソングス/ユーミンとみゆきの愛のかたち」(以上角川書店・文庫)。

「読むJ- POP・1945~2004」(朝日文庫)

「豊かなる日々~吉田拓郎2003年全軌跡」(ぴあ)

「ジャパニーズ・ポップスの巨人たち」(TOKYO・ FM出版)。

「小説・吉田拓郎・いつも見ていた広島~ダウンタウンズ物語」(小学館)

「歌に恋して・評伝岩谷時子」(ランダムハウス講談社)

「主父の意見~教えてほしいFather&Son」(主婦の友)

「音楽の中に君がいる~J-POP MAGAZINEインタビュー集・1」「2」(シンコーミュージック)

「70年代ノート」(毎日新聞)

「僕と彼女と週末に~SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011~12」(幻冬舎)他。発売順不同。
「永遠のザ・フォーククルセダーズ~若い加藤和彦のように」(ヤマハミュージックメデイア)

 
放送作家として

 

2001年民放祭「ラジオエンターテインメント部門」最優秀賞「イムジン河2001」企画構成(NACK5)

2000年・2002年・2013年優秀賞受賞。2001年・2002年ギャラクシー賞受賞。

2013年民放祭「ラジオエンターテインメント部門」優秀賞「永遠のザ・フォーククルセダーズ~若い加藤和彦のように」出演・構成(FM COCOLO)

2016年民放祭「ラジオエンターテインメント部門」優秀賞「作詞家・松本隆の45年」出演・構成(TOKYO FM)

 

  日本のロック・ポップスを創世記から見続けている一人。